インプラント治療の痛みへの心配を減らすための情報

インプラント治療後に痛みが出る場合の対策

治療後に痛みが出るタイミングとは?

インプラント治療後すぐは麻酔や鎮静剤の服薬の効果があれば、痛みが出ないかもしれません。しかし、各種効果が切れた時に痛みが出る場合があります。インプラント治療の本数が複数であったり、重度の手術を行ったりした時は、数日間は続く場合も。鎮静剤や頓服薬の服用など、歯科医の指示を受けて痛み止めの対策を図りましょう。1週間経過すれば、概ね症状改善されます。それでも痛みが続く時は、歯科医に相談してください。

インプラント治療が外科治療なので、1週間程度経過すれば抜糸が必要。歯茎に糸を付けた状態での生活をする時は、刺激するような痛みや違和感が伴う場合がありますが、抜糸すればなくなるはず。

他には、抜糸をする際、歯茎を刺激するような痛みが出る可能性もあります。出血を防ぐために、数日間は力加減をしたうえでのブラッシングや激しい運動、飲酒は控えるのをオススメします。

生活場面での痛み対策

インプラント治療後や抜歯後は、痛みや出血の対策を図るためのケアが必要。個人差はありますが、2週間が1つの目安。

歯科医から鎮静剤や抗生剤の処方を受けた場合、服薬は必要。特に口腔内に雑菌が増えると、衛生面以外に痛み軽減できなくなる原因となりかねません。

出血を防ぐために、ブラッシングやデンタルフロスケアをする際は、力加減をしたうえで行いましょう。歯磨き粉を付けてのブラッシングは、却って傷口を刺激する可能性があるので、控えると良し。うがいをする際も、軽くゆすぐ程度がオススメ。

喫煙者であれば、インプラント治療後の喫煙は周囲炎を起こしやすくします。インプラント脱落率が非喫煙者の2倍という結果も出ているようです。治療効果を下げるだけでなく却って歯の健康を損ねかねないので、少なくても手術後数週間は禁煙をしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る